県立海空高校野球部員山下たろ〜くん(14)について考えよう

延長十四回にも及ぶ激闘の末に山沼を下した海空高は、甲子園の切符を手にする。
さらに、江河原高から転入してきた吉田が加わりパワーアップ、甲子園の初戦に挑む。
しかし、その相手は、あの山沼に練習試合でコールド勝ちした優勝候補の北沢東高。
海空は投手・吉田、捕手・たろーの新バッテリーで立ち向かう。
大方の予想に反し、優勝候補の北沢東高相手に大接戦を演じる海空高。
だが六回、マウンドに上った吉田が左ひざを負傷してしまう。
続投は不可能と判断した海空は、ついにたろーがマウンドに……。
関東大会よりさらにパワーアップしたたろーは、いきなり最初の打者を三球三振にしとめ、大観衆の度肝をぬく。
2時間を越える大激戦となった海空高対北沢東高戦。
5対4と北沢東が1点をリードして九回を迎える。
先頭打者の須永が出塁したものの、辰巳の本塁打性のあたりが北沢東のファインプレーに阻まれ二死。
あとがなくなった海空高は一打逆転を賭け、たろーが鉄腕・山田に挑む。
果たして、その勝負のゆくえは……。
甲子園での初戦、優勝候補の北沢東高に勝利し、初出場、初優勝を誓う海空高ナイン。
2回戦の相手は、“未完の大器”中村を擁する和歌山の紀伊國高。
幼なじみのよし男の分とふたり分史上最高を目指す中村をチーム全員で後押しする紀伊國に対し、海空は辰巳を筆頭にチーム全員でたろーを手助けするために結束を強くする。
たろーを史上最高にするため一致団結した海空高ナイン。
紀伊國高の“未完の大器”中村の大カーブをようやく攻略し、降板させるのだが……。
中村の後を継いでマウンドに上った“超合金リスト”の小林の大活躍で、試合はもつれにもつれて延長十一回へ。
ベスト8へ勝ち進むのは果たして海空か、それとも紀伊國か。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60010220

55 STREET / 0574 W.S.R / STRAWBERRY7 / アレコレネット / モノショップ / ミツケルドット